生後1ヶ月半からはじめ、3ヶ月で軌道に乗りはじめたいくちゃんさんの体験談


優先的に相談を受け付けます

他の方々の体験談募集、また1つ届きましたのでご紹介させていただきます!いくちゃんさんありがとうございます!!掲載が遅くなり申し訳ありません!他の方々の体験談も今や14件になりました。→他の方々のジーナ式体験談の記事一覧
私だけでは、n=2なのでもっともっといろんな方の体験談を紹介したいと思います。

もし体験談を教えてくださる方は、こちらのフォーム(→お問い合わせ&体験談募集)で是非是非お寄せください!!

このサイトが少しでも役に立って笑顔で育児ができる方が増えますように・・・。




生後1ヶ月半からジーナ式をはじめ、現在生後3ヶ月半のいくちゃんさんの体験です。

ジーナ式をやってみようと思ったのは初めての育児、難産で心身共にボロボロ、周りの援助も期待出来ない中、不安で不安で仕方なかったからです。とにかく道筋が欲しかった…。

最初は全くスケジュールどころではありませんでした。
まず起きていられない、授乳間隔があかない、置いたら泣くので昼寝はずっとラッコ抱っこでした。

まず守ったのは起床と就寝時間。寝室の遮光を徐々に完璧に仕上げて行き、最後に授乳時間と昼寝時間が合っていった感じです。

本当に毎日一喜一憂、一進一退しながら進んだ2ヶ月間でした。でも、諦めようとは思わなかったです。なぜなら、息子はいつもご機嫌だったからです。きっと必死になって要求泣きしなくても、私が分かってくれるのが安心するのかなと勝手に想像してます。今では私の憧れだった夜通し寝、独り寝が出来るようになりました。

私はこのブログを何度も何度も読んでいたので、独り寝は最期のご褒美に、いつかきっと出来る、焦らないようにと気長に取り組んでいました。(ただし、早い段階で抱っこでの寝かしつけはやめています。ウトウトしたら置き、寝るまで耳元でシューシュー囁くというのを根気強くやっていました)

実は独り寝初成功の日に、泣いても20分は様子を見ましょうというのをやってなかったというjinaさんの記事を読んで、私もやってなかったのでやってみる事にしたのです。
すごく勇気がいりました。

最初はやっぱりギャン泣きでした。泣いてる間、「お腹もいっぱい、オムツもキレイ、遮光も室温もバッチリ、そして眠い!!これだけ揃って寝ない理由がないのだ!!大丈夫!!」と自分に言い聞かせて7分経ち、やっぱりまだ早かったんだと後悔しながら寝室に向かおうとしたらピタッと泣き止んだのです。
そのあとはフンフン、アウアウ言いながら寝ていきました。
その日からは、2~5分泣いてから寝るを数回→一瞬泣くけどすぐ泣き止んで寝る→泣かずに寝るまでになりました。
本当に感激、感動しました!!

ジーナ式をやってて良かった事は、心に余裕を持って毎日が過ごせる、19時以降がフリータイムでゆっくり眠れる、息子がご機嫌、育児のストレスや不安が軽減された事です。

これから新たな悩みや苦労も沢山出てくるでしょうが、私にとってジーナ式は、右も左も分からない手探りの暗闇の中で希望の光となってくれたと思います。また、不安になったり、くじけそうになる度にこのブログを読んで勇気づけられていました。諦めなくて良かったです。

もしジーナ式で迷っている方がいたら、先のことより1日1日をコツコツ積み重ねていくのが良いと思います。諦めずに一緒に頑張りましょう!

読んでくださってありがとうございました。

いくちゃんさんありがとうございました!そうですよね、先のことより1日1日の積み重ねだと本当に思います。私も、育児ってどうやってしていったら良いんだろう、だんだんとわかるよと先輩ママさんたちに言われていましたが、すこぶる不安だった私にとってジーナ式の本はココロの拠り所でした。今思えば、あの当時はどの本でも良かったんだと思いますが、ジーナ式に出会えたのは何かの運だったのかと思います。

ジーナ式をすることで、ディマンドなら不要な悩みもあったかもしれません(時計をギチギチした生活とか)。もし、ジーナ式のせいで悩み過ぎているのであれば、一回休憩してもいいと思います。また、私が少しでも手助けを出来るならば、このサイトでも良いですし、こちら(→【追記】優先的な相談&継続的な相談を受け付けます)でも優先的に受け付けますので、お気軽にどうぞ。

育児って、どうしても孤立しやすいしそのせいでモンモンと悩んでしまうこともあると思うんです。いくちゃんさんも言っているように、先のことより1日1日コツコツゆっくりと笑顔で積み重ねていけば、子どもも成長するし、後々振り返れば懐かしくも感じます♪

☆全記事はこちらから→サイトマップ
☆私が購入して参考にしているジーナさんの本☆

ブログランキング登録してます♪良ければポチお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す