明け方に起きてしまった場合のスケジュール調整法②


優先的に相談を受け付けます

少しお久しぶりです。帰省していました。いやー、またどっかで書こうと思いますが子供二人を同じ部屋で寝かせるのは、お互いが起こしてしまうのではないかと気を使う気を使う・・。泣。

そして、スケジュール通りに生活がちゃんとできなかったためか、場所が違って安心しないのか、帰省先では次男は機嫌があまりよろしくなく、東京の家に帰ってきた途端機嫌が良くなりました。赤ちゃんでもそういうの分かるのかな。

さて、先日書いた明け方に起きてしまった場合の私なりのスケジュール調整法②を書いてみようかと思います。
参考記事:明け方に起きてしまった場合のスケジュール調整法




生後3ヶ月位から6時台くらいまで寝てくれるようになった次男ですが、生後4ヶ月位から成長期なのか遮光のせいなのか明け方に起きることがデフォルトになりました。泣。もう仕方がないと諦めていてその時のスケジュール調整法を以前書いてみました。

その後、少し様子が変わってきて、もう長時間寝れるようになってきたのか(22時半の授乳を辞める時期が近づいてきたのか?)起きる理由が遮光が理由ではなさそうなんですよね。お腹が空いて起きちゃうけど、ねむいーって感じ。(機嫌も悪いし、目をつぶって寝ようとしている。以前は、目ランランでご機嫌で起きてました。。)

なので、少し違うやり方を最近はしています。最近はもっぱら5時-6時の間に起きてしまいますが、以前のようにフガフガと起きるのではなく、ギャーと起きる。←起きちゃったではなく、お腹が空いて起きちゃったんだと思います。
そのため、
①片方の母乳を飲ませる
(②もう片方を飲みそうなら、飲ませる)
③お尻を少しだけ強めにトントン(赤ちゃんの鼓動に合わせて早めに叩く)
④7時に起こす。
⑤7時半にミルク80ml程度飲ませる

たまに、②で寝落ちしてしまう時もあります(寝落ちしたらそのまま7時まで寝かす)。長男のときは、②でそのまま置いても少し遊んで自力で寝ることが多かったんですが、次男は時間がかかる。自力で寝るのを待っていると、泣くし、眠いけど寝れずに7時を迎えそうなので③をしています。

赤ちゃんの鼓動と同じくらい早めにトントンすると寝やすいっていうのを保育園の先生が言ってたのを思い出し、やっています。うちの次男は最近寝始めは横向きで寝ることが多いので、その横向きのときにお尻を少し強めにトントントントンとたたいてやると寝やすいみたいです。10分位トントンすると寝ていきます。いや、結構手がしんどいんですがね。。。。泣。バッシバシとは叩きませんが、トントンと優しい感じでもなく、少し強めにすることで少しだけ身体が揺れるのか、うちの息子はウトウトします。お尻だとおむつがあるので少しだけ強めでも大丈夫。

5-6時に授乳していると、7時には飲みたがりませんがここでちゃんと飲んでくれないと11時まで持たない。なので、7時半位に少し飲ませています。私は、今ミルクに切り替えているのでミルクにしていますが母乳でもいいと思います。というか、母乳を飲まそうとしても飲みたくないのか飲まないけど、ミルクなら飲むんだよね。。

そして、その後は規定通り。次の授乳が11時ですが、5-6時台に半分授乳しているせいか11時まではなかなか持たないので、10時45分くらいに次の授乳をしています。まあ、15分位の誤差なのでランチタイム昼寝前にも飲まさずにそのまま昼寝へGo。

 

長男のときのように、もうそろそろ離乳食もはじまるし、22時半の授乳をやめようかとも思ったんですが、160mlくらいは毎日きっちり飲んでいるのでまだ辞められないかなー。少し大きめなので離乳食はじまるまでは仕方がないかな。

参考になれば幸いです。

☆全記事はこちらから→サイトマップ
☆私が購入して参考にしているジーナさんの本☆

ブログランキング登録してます♪良ければポチお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す