おくるみによって生後間もない赤ちゃんはよく眠る


優先的に相談を受け付けます

本日もご訪問ありがとうございます。

ジーナ式の睡眠で必需なものの1つ、おくるみ。今日はその効果について簡単に書いてみようと思います。




おくるみを巻くことによって下記の効果があると言われています。

背中スイッチを防ぐことができる

おくるみを巻いた状態でベッドや布団に置くことで、布団においた時の寒暖差を無くすと言われています。

ジーナ式をしていると、おそらく抱っこで寝かせてからベッドに置くというのはあまりしないかと思いますが、半分寝かけてもうすぐ眠るという時にベッドに置くことも有ります。その時にベッドに置いた瞬間泣いてしまう背中スイッチの要因の1つを防止します。

モロー反射を防ぐことができる

生後間もない赤ちゃんはモロー反射といって、意思に反してビクッと手足が動いてしまいます。それによりせっかく眠っていても起きてしまう。だけど、おくるみで手を固定してあげることでモロー反射がおきにくくなります。(反射がおきても、起きてしまうほどビクッとはしない)

アメリカの研究によると、おくるみを巻いていない時に比べて、脳の発達に重要とされるレム睡眠が約2倍になるそうです。(aden+anaiのHPより)

お腹にいる時のようにくるまれた感覚がある

手足の自由が適度に制限されることで、お腹にいたような抱っこされているような感覚になるようです。モンゴルでも結構ガッチガチに巻いたりしていますよね。そこまでは・・・って思いますが。。。だけどやっぱり効果があるのでしょう。

 

ジーナさんも、「生後最初の数週間はどんな赤ちゃんも身体を布でくるまれていたほうがよく眠るのは間違いない」と言っています。ただし、乳幼児突然死症候群を防ぐためにも生後6週間ごろまでには両腕を布で覆わず脇の下からくるむ「半くるみ」になれさせるようにと言っていますのでそこは注意をしてください。(乳幼児突然死症候群の原因の1つに暖めすぎというのがあります)

ちなみに、おくるみの巻き方も色々ありますが、私の場合は股関節脱臼を防ぐためにも下記のSTEP3はすっ飛ばして手しか固定していません。ジーナさんの巻き方も(p35参照)手しか固定していませんよね。
スクリーンショット 2016-04-24 12.44.54

参考になれば幸いです。

☆全記事はこちらから→サイトマップ
☆私が購入して参考にしているジーナさんの本☆

ブログランキング登録してます♪良ければポチお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2件のコメント

  • あおまめ

    こんにちは。妊娠9ヶ月の妊婦です。
    ジーナ式の本は購入したものの、文章のみの説明で尻込みしていた中、こちらのブログを発見し、寝不足になりながら(笑)熟読させて頂いております。
    ご質問ですが、おくるみの効果は認識しているものの、出産予定日が8月上旬の為、おくるみを巻くと暑いのではないかと考えております。
    すべてブログを読んだわけではないですが、ブログ主様のお子様は冬生まれですよね?
    夏生まれでもおくるみにくるんでも大丈夫でしょうか?
    何かアドバイスがあればお願いしたくメールしました。
    よろしくお願いします(^_^)

    • jina

      コメントありがとうございます。
      さて早速回答ですが、うちの子は3月、4月と春生まれですので、8月辺りには薄いスリーパーになっていました(次男もおそらくなる模様)スリーパーの時は短肌着+オムツ+薄手スリーパーでしたが、全くるみの時も同様に短肌着+オムツ+全くるみでいいのでは?と思います。ほんとうに暑い時は肌着も不要かもしれませんが、少し不安ですよね〜。
      次男は全くるみを嫌がっているので、暑い時期は半くるみでもいいかもしれません。どうせ手の力が強くなって生後1ヶ月頃には半くるみにしないといけないし。。。。

      参考にならず申し訳ありません。

コメントを残す