ジーナ式育児はすぐに結果が出るものではない


優先的に相談を受け付けます

ここ最近は、2人育児が目前に迫ってきているので2人育児のスケジュール等を更新し続けています。単なるスケジュールだけなので面白みや目新しさはないですね・・・笑。→2人育児>上の子と比較したスケジュール

ということで、今回はよく来るコメントに対する回答というか私の考えを少し書いてみます。




たまに、

・ジーナ式育児を初めて数日や1週間です。まだ独り寝が出来ません
・せっかく抱っこや添い乳で寝ついてくれているのに、わざわざそれを起こしてまで独り寝をさせる意味があるのでしょうか。
・実親とかからも、そんなことしないでも勝手に寝る様になると言われたりして、このままジーナ式を続けるか迷っています。

等々、ジーナ式育児そのものに対する悩みをいただくことがあります。

ジーナ式育児は、赤ちゃんが生活リズムを身に付けるのをサポートする

参考記事:ジーナ式育児とは

もっと噛み砕くと、日中の授乳や睡眠の時間を管理・サポートしてあげることです。それにより、赤ちゃんが夜中に目を覚ますのを最小限に抑えること、1人でも寝付けるような状況にしてあげることが目的となります。

生活リズムを身につけさせることが第1になりますので、そうすぐに上手くいくわけではありません。大人でも生活リズムを改善するのは時間がかかりますよね?産まれてすぐであれば真っ白の状態から生活リズムをつけてあげられますが、ある程度大きくなっていたらなおさら時間はかかります。

ただ、生後すぐからじゃないからといってジーナ式ができないわけではありません。それに関してはこちらの記事に書いてるのでご参考下さい。

参考記事:今からでもジーナ式を始めることができる?

 

ジーナ式育児は、いっぱい寝るようになる、1人で寝るようになる魔法の育児法ではない

そのため、ジーナ式をしていても上手くいかないこともあります。だからこそ、私はこのサイトを立ち上げました。私の経験や悩み、対処法が少しでもジーナ式育児をしている人たちのためになればと思いながら。

もしかすると、うちの息子はジーナ式をしていなくても1人で寝るようになったのかもしれません。でもそれは、比較ができないのでわかりません。
ただ1つ言えることは、右も左もわからない初めての子育てで、こういう指南本があったことが私の育児法の唯一の救いになったことは確かです。

上手く行ったやり方を模倣するっていうのは教育でも王道のやり方ですよね。なんで育児ではそういった教科書が普及していないんだろう。だからこそ、新米ママたちは悩む気がするんだけどな〜。

 

ママが笑顔で育児ができるためにはどうするか

最初の頂いたコメントに対する回答になってはいませんが、ジーナ式育児を行うか行わないか、続けるか続けないかは、ママが笑顔で育児ができるためにはどっちがいいかという基準で選択すれば良いと思います。

確かに、ジーナ式育児をしていると周りの人にとやかく言われることも多いです。起こすなんて可哀想とか、もっと赤ちゃんの要求のままにしてあげたほうがいいとか。。。でも、24時間育児をするのはご両親です。自分たちが笑顔で育児ができるためにジーナ式育児をするかしないかはご自身で選んだらいいと思いますよ。

ジーナ式育児を進めていくのであれば、このサイトが役に立てれば幸いかなと思います☆もし、その時は今後ともよろしくお願いします♪

☆全記事はこちらから→サイトマップ
☆私が購入して参考にしているジーナさんの本☆

ブログランキング登録してます♪良ければポチお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す